炭火焼

タイ語にはヤーン(大きな素材をじっくりと焼く)ピン(小さな素材をさっと焼く)パオ(直火で焦げ目をつけるように焼く)と様々な表現がある。

代表的なものにガイヤーン(鶏の炭火焼)、ムーピン(豚の焼き物)、プラーパオ(魚の焼き物)などがある。調味料で下味をつけてから焼くことが多く、ナンプラーベースの各種好みのソースと共に食べる。