タイ王国について

エキゾチックな文化 エネルギッシュな人々
そこかしこに刺激があふれる微笑みの国

タイ王国の概要

エキゾチックな文化 エネルギッシュな人々
そこかしこに刺激があふれる微笑みの国

絢欄豪華な寺院、悠久の時を感じさせる荘厳な遺跡群、日々発展を続ける喧噪に満ちあふれた大都会バンコク、世界に名だたるビーチリゾートの数々、そして奥深いタイ料理。タイ王国には旅する者の好奇心を刺激する要素がそこかしこにあふれています。「微笑みの国」と称され人々の笑顔がとてもおだやかなこの国は、何度訪れても新しい驚きと発見を与えてくれるでしょう。

タイ王国概要一覧

国名 タイ王国(タイ語名:プラテート・タイ Prathet Thai/英語名:Kingdom of Thailand)
首都 バンコク(タイ語名:クルンテープ・マナーナコーン/英語名:Bangkok)
※タイ語での正式名称は、クルンテープ・マハーナコーン・ボーウォーン・ラタナーコーシン・マヒンタラーアユタヤー・マハーディロッカポップ・ノッパラッタナー・ラーチャターニー・ブリーロム・ウドム・ラーチャニウェート・マハーサターン・アモーンピマーン・アワターンサティット・サッカティッティヤ・ウィサヌカムプラシット
国旗 中央の紺は国王、白の部分は宗教、赤の部分は国民と国家を象徴している。現在の国旗は1917年に定められた
国歌 「プレーン・チャート(タイ王国国歌)」。駅やバスターミナル、空港といった公共機関では、毎日8時と18時からの2回、国歌が流れる。また、映画館や劇場では本編上映、上演前に国歌、または国王讃歌が流される。国歌、国王讃歌が流れれている間は起立し、動かないようにすること
国花 ゴールデンシャワー
面積 51万4000キロ立方メートル(日本の面積の約1.4倍)
人口 6000万人
民族構成 タイ族約85%、中華系10%、その他にモン・クメール系、ラオス系、インド系の人々がいる。また、山岳部にはカレン族、ミャオ族、ヤオ族、ラフ族など、それぞれ独自の言語や文化を持った少数民族が暮らしている
宗教 仏教(上座部仏教)95%、イスラム教3.8%、キリスト教0.8%、ヒンズー教0.1%、その他0.3%
政治体制 立憲君主制
国王 ラーマ9世(プーミポン・アドゥンヤデート国王)
公用言語 タイ語。地方によって方言がある。また山岳部の少数民族は独自の言語を仕様している。観光地のホテルやレストランでは英語も通じる。
祝祭日 1/1新年、★2/23 マーカブチャー(万仏節)、4/6チャクリー王朝記念日、4/13~15ソンクラーン(タイ正月)、5/1メーデー、5/5国王即位記念日、5/11農耕祭り、★5/22ウィサーカブーチャ(仏誕節)、★7/21アーサーンハブーチャー(三宝節)、★7/22カーオ・パンサー(入安居)、8/12王妃誕生日、10/23チュラロンコーン大王記念日、12/5国王誕生日、12/10憲法記念日、12/31大みそか ★移動祝祭日
ビジネスアワー 銀行:月~金9:00~15:30、土日祝休み
ショップ、デパート:10:00~20:00頃
時差 日本との差は-2時間。日本の正午がタイの10:00。サマータイムはない。
年齢制限 タバコは18歳未満、アルコールは20歳未満の購入は不可。

タイの基礎知識

タイへの旅を快適にするために、最低限覚えておきたい情報と緊急時の連絡先を合わせて紹介しています。ご出発前に、一読ください。

入国書類

入出国カード/税関申告書(通常、航空機の中で配布されます。まれに数が不足する場合がありますが、タイ到着後に空港でも入手できます。出国のための航空券をご用意ください。
パスポート&ビザ

パスポートについて

* タイ入国後30日(29泊30日)以内の観光目的の滞在の場合(往復の航空券又は他国へ出国する航空券等を所持している事が条件)、日本国籍であればビザなしで入国することができますが、国際規定によりパスポートの残存期間は6ヶ月以上と定められています。
* 最初にタイへ入国した月から6ヶ月以内の合計滞在期間は90日以内と定められています。30日以上の滞在を予定されている方、あるいは観光目的以外で入国される方は事前にタイ王国大使館・領事館においてビザを取得して下さい。
* 各航空会社によりパスポート残存期間の規定が異なるため、ご利用になる航空会社にお問い合わせ下さい。

パスポート滞在期間:入国審査官がパスポートに押印する滞在期間を確認して下さい。当該期間を越えて滞在した観光客については、タイ出国時に超過分1日につき500バーツの罰金が課せられます。なお、この罰則が適用された場合、次回入国時に困難が発生する場合がありますのでご注意ください。
ビザについて

観光ビザなどを含むその他のビザに関しての詳細は、在京タイ王国大使館VISA課までお問い合わせください。

ビザ延長について:滞在期間の延長を希望する場合は、入国管理局に申請料1900バーツを添えてその旨申請して下さい。観光ビザの場合更に1ヶ月の延長が可能です。申請は英語で行い、バンコクの入国管理局での申請所要時間は約1時間です。

衛生規定

汚染地域から入国する場合を除いて、予防接種の必要はありません。
免税範囲

タバコ

* タバコ類持ち込みは制限、1人500グラム、または200本まで。
* 免税(納税シールのない)たばこを500グラム以上、または200本以上持ち込むと、1カートン(10箱)に対し、4,675バーツの罰金。
* 税関申告不可。超過分は原則没収または罰金を科せられる場合もあります。

酒類

1本(1リットル)以下で、それ以上の持ち込みは原則没収または罰金を科せられる場合もあります。
その他
カメラ、ビデオカメラは各1台、フイルム5本、ビデオテープなど3本

通貨

タイバーツ

* 出国:タイからのバーツの持ち出しは、1人5万バーツまで。
* ただし、近隣諸国のミャンマー、ラオス、カンボジア、マレーシア、ベトナムへの持ち出しは、50万バーツまで。
* 入国:タイへのバーツの持ち込みは無制限。

外国通貨

* 出入国を問わず、外国通貨の持ち込みは原則無制限。 ただし、2万米ドル相当の外貨の場合は税関申告が必要。申告漏れが判明した場合は罰金。

必要書類

タイ入国に備え、機内で配布される入出国カードを予めご記入ください。また、税関申告するものがない方は、税関申告書の提出は不要です。詳しくは、入国と出国の流れを参照。

時差

日本とタイの時差はマイナス2時間で、タイで午前8時のとき日本は午前10時です。

服装

* 一年を通して日差しが強く、高温多湿の気候なので、通気性の良い服装をおすすめします。ただし、チェンマイなどの山岳部では、朝晩冷え込むこともあり、また、デパートやレストランの中、エアコンバス・空調寝台車などでは、エアコンが効きすぎているところがありますので注意してください。羽織るものが一枚あると便利です。
* 敬虔な仏教国であるタイでは、寺院は神聖なる信仰の場所です。参拝するときは、節度ある服装を心がけてください。ワット・プラケオ、王宮や一部寺院ではタンクトップ、ホットパンツなど極端に肌を露出した服装やかかとの無いサンダルでは入場できません。

電気

電圧は交流220V(50Hz)で、プラグはBF、Cタイプ。中級以上のホテルでは、日本と同じプラグもありますが、電圧にはくれぐれも注意してください。日本の電化製品をご利用の場合はプラグ・アダプター・キットを携帯されることをおすすめいたします。

電話

* タイから日本へ電話を掛ける場合は、001-81(日本の国番号)-「0」をとった市外局番から相手先の電話番号をプッシュする。
* 2006年12月1日よりタイ国内の携帯番号が9桁から10桁に変更になっています。最初の「0」の次に「8」を追加してください。
* 街中の公衆電話では、「International」の表示のあるものは国際電話が可能。
* ホテルの部屋の電話を利用するのが最も便利ですが、郵便局や空港からも掛けることができます。硬貨を多めにご用意いただくか、コンビニなどでテレフォンカード(300バーツから)をご購入ください。

※タイの国番号「66」

チップ

* タイには、チップの習慣があります。ホテルでは、荷物を運んでくれたポーターやハウスキーパーへのチップに20バーツ程度をご用意ください。
* また、サービス料を含まないレストランで食事をした場合は、料金の10%を目安にチップとしてテーブルに置いておきましょう。マッサージを受けた場合も同様です。

タイの気候

一年中半袖で過ごせる温暖な気候が魅力!
しかし、地方や季節によりさまざまな変化も。

赤道から約30度の地点に位置するタイは、熱帯モンスーン気候に属しています。季節は大まかに雨期(5月中旬~10月)、乾季(10月から2月)、暑気(2月中旬から5月)の3つの季節に分けられます。
国土は南北の距離が最も長い部分で1860km、南北の緯度の差が16度あるため、同じ熱帯でも地方によりさまざまな変化が見られます。日本では味わえない季節を感じることができるでしょう。

■雨期(5月中旬~10月)
雨や曇りの日が多くなりますが、日本の梅雨のようにダラダラとは降り続きません。バケツをひっくり返したかのようなスコールが、1日に数回降る程度。雨期が終わりに近づいてくると、連日雨が降り続くことも。

■乾季(10月から2月)
雨が少なく、気温もそれほど上がらない為、1年の中で最も過ごしやすい季節。12月あたりは朝晩冷え込むこともあり、長袖が必要なこともあるほど。ただし、南部のタイ湾側ではこの既設が最も降水量が多くなるので注意。

■暑気(2月中旬~5月)
雨は少ないが、気温が最も上昇する季節。日中の気温は30~40度。バンコクなどでは40度を超えることも多く、夜になっても気温がなかなか下がりません。タイでは4月が真夏にあたります。日中は熱射病に注意が必要。