『とあるタイでの1日。』パタヤ編

『とあるタイでの一日。』〜 パタヤ編〜

パタヤ。。。
バンコクから車で2時間位南下した都市でチョンブリー県にある都市でニューハーフコンテストで有名な観光スポット。

ホテルは市街地からソンテウで10分くらいの小奇麗なホテル(プール&ラウンジバー付き)もちろんホットシャワー有り。
でなんと700バーツ!安すぎですよね。

11:30
1
起床シャワーを浴びて外出。
徒歩で最大の商業施設へ買い物&ぶらぶら。
こちらがとにかく広くて高級感があり地下にフードコート、上にデパートメントフロア、その上にレストラン街、そしてさらにその上に超高級ホテル「コンラッド・パタヤ」が続く。まさに至れり尽くせりの場所。
とにかく買い物、食事など時間がつぶせる最強施設で僕のお気に入りの場所。

14:00
そのままフードコートでご飯。施設内は西洋人向けの値段設定になっていてだいぶセレブなお値段。
イメージ的には広尾のナショナル麻布スーパーマーケットの巨大版といったところかなあ。

17:00
パタヤ夕暮れセレブビルに別れお告げて夕暮れのビーチ沿いを散歩。
海ではタイ国内でプーケット、サムイ等に比べて美しさにだいぶ劣るとされているが海のない長野生まれの僕にとってやっぱり海は見るだけでテンションが上がりますね。
そして無駄にソンテウ乗って移動。

20:00
ともだち集めてシーフードレストランへ
そこそこの有名店と聞いていたが、ピークタイムのはずが200席以上は軽くある広大な店内にお客さんは僕らのグループと西洋人3人組のみ。。
いやな予感が即的中。全然おいしくない。。。
が、そんなことはまったく気にせず友人グループ6人でだらだら飲んだり話したり。

0:00
パタヤの夜そのままの流れでみんなでクラブ。
ここは当たり!まだ新しくきれいで700〜800位収容の大箱で小型版agehaみたいな内装。大勢で飲んで騒いで踊ってあっという間に閉店(タイは法律でクラブは基本的に2amまで)。
クラブの外でまだ話続ける友人たち(友人たちは銀行員やホテルマンなどで翌日?当日?朝から仕事)のカラオケのお誘いを何とか振り切って。

3:00
TAXIでホテルへ戻る。一瞬で落ちる。。。
パタヤはとにかく夜ソンテウに乗りながら見るネオンが印象的ですね。。。

ダオタイ渋谷肉横丁店 店長 NUT